D2Cが検索連動型広告「D2C Performance Ads」の新機能「アプリプロモーション広告」開始

ドコモのスマートフォン用ポータルサイト「dメニュー」の検索結果画面などでアプリ訴求

NTTドコモや電通などが出資するデジタルマーケティングのD2Cは、自社が展開するスマートフォン用の検索連動型広告「D2C Performance Ads」の新機能で「アプリプロモーション広告」の提供を10月26日に始めた、と同日発表した。アプリ提供社向けとなり、アプリ訴求に特化した広告が配信できる。ドコモのスマートフォン向けポータルサイト「dメニュー」の検索結果画面や、アプリ、ゲームなどの専門検索結果画面への広告掲載を予定している。

アプリプロモーション広告は、広告内にアプリのアイコンやダウンロードリンクなどを設け、対象アプリの視認性を高めてアプリマーケットに誘導したりダウンロードを促したりする。運用型広告に特有の複雑な入稿や配信設定を簡略化した。各アプリに合わせた推奨キーワードを自動入稿・更新する。dメニューの検索キーワードの約3割がアプリストアと重複し、dメニューの検索ユーザーとアプリには高い親和性があるといい、効果的に訴求できる。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]