シャノンの「SHANON MARKETING PLATFORM」とサイボウズの「kintone」が相互データ連携

商談情報から受注につながる施策の分析が可能、マーケとセールス両部門のデータを活用

マーケティング支援のシャノンは、自社のマーケティングオートメーション(MA)「SHANON MARKETING PLATFORM(SMP)」と、グループウエア開発・販売のサイボウズが展開する業務アプリクラウドサービス「kintone」で相互にデータ連携するkintoneアプリケーションを提供する、と10月27日発表した。kintoneを営業支援(SFA)に利用しているユーザーはMAの導入・活用が容易になり、SMPのユーザーは低コストでSFAが導入・活用できる。

kintoneのSFAパックに含まれる「顧客情報」「案件情報」のデータと、SMPのリード(見込み客)データを連携する。SMPのリード情報とkintoneの顧客情報を相互同期することで、タイムリーで正確なリードが共有できる。SMPのリード情報に関する活動履歴とkintoneの顧客情報に基づき、商談の情報から受注成果につながるマーケティング施策の分析が可能になり、マーケティングとセールス両部門のデータを活用した事業を実現する。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]