顧客データプラットフォームのTealium、1000以上のサービスと接続する「Universal Data Hub」発表

あらゆるタッチポイントでのリアルタイム分析を、アクションにつなげることが可能に
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティングの米国Tealiumの日本法人Tealium Japanは、顧客データを管理するユニバーサルなプラットフォーム「Universal Data Hub(UDH)」を10月5日発表した。UDHは、1000以上のサービスと接続し、オンラインとオフラインの顧客データを統一して一元的にアクセス可能にするプラットフォームで、あらゆるタッチポイントにおけるデータのリアルタイム分析を可能にし、アクションにつなげることができるという。

UDHは、リアルタイムデータ・ソリューション「Tealium AudienceStream」と「Tealium DataAccess」、タグ管理ソリューションの「Tealium iQ」が提供するデータレイヤーを融合し、運用や遅延の軽減、包括的な顧客行動の把握が可能になる。PCやスマートフォンの行動だけでなく、IoTによる行動把握なども収集できるようになる。データソースを可視化してデータ共有も管理しやすくなるため、企業のデータガバナンスを確保することもできる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ヒット
Webサーバーにリクエストされたアクセスの数。HTMLファイルへのアクセスのほか ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]