「マーケティングチェーンマネジメントセンターおおいた」をトランスコスモスが大分に開設

テクノロジーとコミュニケーション力を融合したコンタクトセンターに
よろしければこちらもご覧ください

ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、大分県大分市に全国51番目のオペレーション拠点「マーケティングチェーンマネジメントセンターおおいた(MCMセンターおおいた)」を開設し、10月3日に開所式を開催した、と10月4日発表した。MCMセンターおおいたは、電話、チャット、LINE、メッセンジャーアプリなどに対応し、テクノロジーとコミュニケーション力を融合した「マルチコンタクトコミュニケーションセンター」となる。

MCMセンターおおいたのオフィスは、従業員や訪問者が心地よく過ごすための工夫を凝らした。地域と密着したブランディング施策や情報発信活動の効果もあり、採用活動が進んでいる。MCMセンターおおいたは、2018年までに300人の雇用を計画しており、特に働く女性の活躍の場を幅広く提供できるよう、大分県や大分市のバックアップで、同地域社会の活性化・発展に貢献していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]