米Facebookがデジタル広告従事者向けに世界的認定資格「Blueprint認定制度」開始

広告の運用能力を評価する判断基準、Facebookのサービスを網羅して専門知識を証明
よろしければこちらもご覧ください

米国Facebookは、デジタル広告に従事するエキスパート向けに世界的な認定資格プログラム「Blueprint認定制度」を始める、と9月13日発表した。Facebookが展開するサービスを網羅して専門知識を証明し、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)「Facebook」広告の運用能力を評価する判断基準となる。写真共有アプリ「Instagram」の広告や自動対話の「Messengerボット」も含む。当初は英語で提供する。日本語をはじめ他言語も追加する。企業はFacebookの専門知識を持つ人材が雇用できる。

Blueprint認定制度は「プランニングエキスパート」と「バイイングエキスパート」のコースがある。プランニングエキスパートはデジタルメディアのプランナーを対象に、効果的なFacebook広告キャンペーン計画の習熟に対して与えられる。バイイングエキスパートはバイヤー向けで、キャンペーン効果の最大化に向けたFacebook広告の作成・出稿の習熟を認める。米Facebookは、Facebookのマーケティングプラットフォームを最大限活用するめの教育プログラム「Blueprint」を2015年に開設している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]