ロックオン、リスティング広告運用ツール「THREe」に広告審査状況のメール通知機能を追加

確認頻度は媒体別に1時間ごと、4時間ごと、12時間ごとに設定可能
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援のロックオンは、同社が提供するリスティング広告の運用プラットフォーム「THREe(スリー)」に、広告入稿後の審査状況をメールでまとめて知らせてくれる「媒体審査アラート機能」を搭載したと8月17日に発表した。

「THREe」は、Google AdWords、Yahoo!スポンサードサーチ、Yahoo!ディスプレイアドネットワークを一括で運用管理できるプラットフォーム。従来は、各媒体の審査状況の把握作業が煩雑で、審査で非承認になったことを見逃して広告が掲載されずトラブルになるケースがあった。今回の「媒体審査アラート機能」の追加によって、審査状況を漏れなく一元的に監視でき、広告の掲載開始漏れを限りなくゼロに近づけることができる。

媒体審査アラート機能のイメージ
媒体審査アラート機能のイメージ

同機能は、各媒体の承認状況を定期的に監視して、審査状況をまとめてメールで通知してくれる。各媒体の確認頻度は1時間ごと、4時間ごと、12時間ごとに設定可能。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィード
Webサイトの更新状況を伝えるために、コンテンツの見出し・概要・全体などを配信す ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]