デジタルハリウッドがWebデザイナー育成のカリキュラムに「Webメディア編集」を導入

「Webライティング」とカメラ術の「Webメデイア編集パート」、Web制作のLIGと開発

IT関連・デジタルコンテンツの人材養成スクールや大学・大学院を運営するデジタルハリウッドは、全国の専門スクール「デジタルハリウッドSTUDIO」で開講しているWebデザイナー育成のカリキュラムに「Webメディア編集」のスキルが学べる部分を導入する、と6月23日発表した。Web制作・メディア運用事業のLIGと共同開発した。

次世代のWebクリエイターに必要な「Webライティング」と、カメラ術の「Webメデイア編集パート」となる。デジタルハリウッドとLIGの業務提携の一環。Webメデイア編集パートは、Webサイト制作後の運用が重要になってきていることから、月間600万ページビューのブログを運営しているLIGの事例を踏まえた学習内容にした。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サテライトサイト
衛星サイト。主にメインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]