アプリプロモ総合支援「Spin App」でクラスタリング機能を拡充、リテンションを強化

オプト、さまざまな項目でユーザーリストを作成・組み合わせて顧客に最適アプローチ
よろしければこちらもご覧ください

eマーケティング事業のオプトは、同社のアプリプロモーション総合支援プラットフォーム「Spin App」でクラスタリング(分類)機能を拡充してリテンション(既存顧客維持活動)を強化した、と6月6日発表した。アプリの利用状況、アプリ内の行動、流入元、端末情報などさまざまな項目でユーザーリストの作成・組み合わせが可能になり、精度が高いターゲティングでそれぞれの顧客に最適なアプローチができる。一度接触したことのあるユーザーへのコミュニケーションが重要度を増していることから、リテンションを強化した。

アプリマーケティングでのリテンションは、ダウンロードした後に使わなくなったり、アンインストールしてしまったりしたユーザーを呼び起こす施策を指す。今回のクラスタリング機能拡充では、ゲームアプリで既存顧客から「休眠顧客」や「高課金顧客」を抽出し、休眠顧客には「新キャラ登場」「新ステージ追加」の新機能追加を知らせ、高課金顧客には「アイテムプレゼント」などが配信できる。ECアプリでは「ワンピースを購入した顧客」に「類似商品の広告」を訴求して類似商品ページに遷移させることなどが可能になる。

オプト
http://www.opt.ne.jp/

Spin App
https://spin-app.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]