店頭での買物行動をデータで分析し「無意識行動を可視化」する 「ショッパーズ・カスケードモデル」博報堂が提供開始

ビッグデータと連携して買物行動の分析を来店前・店内・来店後まで拡大
よろしければこちらもご覧ください

博報堂は、店頭の買物行動データの測定を強化し、ほかのビッグデータと統合して分析する独自のプランニング手法「ショッパーズ・カスケ―ドモデル」と名付け、構築することを4月5日に発表した。

同モデルでは、従来の調査方法では実現できなかった、

  • 無意識化の行動の可視化
  • 実際のデータによる行動補足

の2つのアプローチを強化し、買物行動を来店前・店内・来店後まで拡大してとらえることが可能になるという。

さらに、この行動データを、広告・販促投資額・売上データ・生活者データなど他のビッグデータと統合して分析する。

これにより、メーカーと流通の売上・利益拡大につながるアクションをプラニングしていくとしている

博報堂では、同モデルの構築にあたり、無意識下でのブランドに対するイメージを明らかにする調査プログラムの提供を先行して開始する。

同取り組みについては、博報堂 データドリブンマーケティング局・ショッパーリテールマーケティング局が連携し、推進する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]