スマートニュースがニーズに合った広告配信機能「ユーザー定義オーディエンス」開始

広告商品「SmartNews Ads」、広告主が保有するユーザー情報でターゲットを絞って配信
よろしければこちらもご覧ください

ニュースまとめアプリ運営のスマートニュースは、同社の広告商品「SmartNews Ads」で、ユーザーのニーズや好みに合った広告を配信する機能「ユーザー定義オーディエンス」を始めた、と3月7日発表した。広告主が保有するさまざまなユーザー情報を活用し、ターゲットにするユーザーの条件を組み合わせることができる。特定のコンテンツや広告を閲覧したユーザーや、自社の既存顧客など、広告主が自ら目的に合わせてターゲットを絞り込む条件・データを作成し、効果的な広告配信を可能にする。

Smart News Adsは同社が展開するアプリ「SmartNews」に表示する広告。ユーザー定義オーディエンスによって広告主は、自社サイトや特定サイトを閲覧したことのあるユーザーにだけや、あるアプリをダウンロードしたユーザーを除外するなどして広告配信できる。一度サイトを離脱したユーザーに購入や登録を促したり、まだサービスを利用していない新規顧客にアピールしたりすることが可能になる。休眠顧客の再活性化にもつなげられる。SmartNewsは毎日200万以上のユーザーが利用しているという。

スマートニュース
https://www.smartnews.com/ja/

SmartNews Ads
http://www.smartnews-ads.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス