Kaizen Platformがパートナープログラムでデータ・ノウハウ・リソースをオープン化

Webサイト改善で成長を図る事業者増加へ電通やサイバーエージェントなど19社と連携
よろしければこちらもご覧ください

Webサービス改善プラットフォームを提供するKaizen Platformは、クライアント向けWebサイトの改善活動に関わる企業とのパートナーシップ制度「グロースハックパートナープログラム」を始める、と2月24日発表した。電通、IT人材派遣のパソナテック、インターネット広告のサイバーエージェント、クレジットサービスのクレディセゾンなど19社と連携してデータ、ノウハウ、リソースをオープン化する。

Webサイトの改善でクライアントの成長を図る事業者の増加を目的に、ノウハウや実績をプラットフォームを通じてオープンにする。インターネットビジネスでの人材不足の解消にもつなげる。セールス、ディレクション、クリエイティブ、テクノロジーの4タイプのパートナーで構成し、Kaizen Platform は参加企業共通のプラットフォームとして、Web改善プロジェクトのコラボレーションをサポートする。

Kaizen Platform
https://kaizenplatform.com/ja/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
関連語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]