サイバーエージェント、社内外のデータを柔軟に組み合わせ可能なDSP「BitBlend」の提供開始

企業が保有する顧客データや広告配信データ、パートナー企業など多様なデータを組み合わせてユーザーをセグメント化
よろしければこちらもご覧ください

サイバーエージェントは1月7日、同社のアドテクスタジオが開発したDSP「BitBlend(ビットブレンド)」を提供開始した。

BitBlendでは、企業が保有する顧客データや広告配信データ、パートナー企業など多様なデータを組み合わせてユーザーをセグメント化し、BitBlendが保有する月間約1,000億インプレッションの広告配信在庫にターゲティング広告を配信できる。企業内の顧客データを利用するには、同社のプライベートDMP「RightSegment」を導入する必要がある。

BitBlendは、良質で独自性の高いデータ拡充を進めていく方針で、付加価値の高いプレミアム広告配信の第一弾として、サービス開始にあわせて位置情報を活用した行動ターゲティング動画の配信を開始した。位置情報の取り扱いに同意したユーザーを対象に、企業の顧客データや広告配信データに位置情報を組み合わせた、ユーザーの行動や生活シーンに応じた動画広告配信を行う。

BitBlendのイメージ図

サイバーエージェント
https://www.cyberagent.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]