博報堂、スマホアプリの利用実態調査とWeb行動データを格納したデータベース「App Planning Database」を提供

アプリの普及により、複数カテゴリを横断した分析の必要性が高まったことから開発

博報堂は、生活者のスマートフォン・アプリ利用実態調査データとWeb上の行動データを格納したデータベース「App Planning Database」を開発し、顧客企業のアプリを活用したマーケティング活動を支援するサービスの提供を開始する、と11月25日発表した。アプリの急激な普及により、複数のカテゴリを横断した分析の必要性が高まったことから、App Planning Databaseを開発することにした。

App Planning Databaseは、約3万人の生活者を対象とした複数カテゴリ横断型のアプリ利用実態のアンケート調査データと、博報堂DYグループ内で保有する生活者のWeb上の行動データを合わせた。アプリ利用に関する情報感度(リテラシー)とアプリの利用実態から10のユーザー群に分類し、それぞれの10アプリカテゴリにおける行動や生声を分析した。ユーザー群にWeb上の行動データを掛け合わせると、ユーザー群ごとの行動が見えてくるという。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

App Planning Databaseについて
http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2015/11/20151125.pdf

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]