さくらインターネット、「さくらの専用サーバ」を3つの新サーバーシリーズにリニューアル

一部OSではWAFを標準提供し、リニューアル後のサーバーシリーズではSLAを導入
よろしければこちらもご覧ください

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、クラウド感覚で利用できる専用サーバーサービス「さくらの専用サーバ」を10月20日、3つの新サーバーシリーズにリニューアルする、と10月13日発表した。リニューアルではサーバーシリーズ名称を「スタンダードシリーズ」「パフォーマンスシリーズ」「エンタープライズシリーズ」に変更。一部OSではWebアプリケーションファイアウォール(WAF)を標準提供し、リニューアル後に提供するサーバーシリーズではサービス品質保証(SLA)を導入する。

さくらの専用サーバの新シリーズの「スタンダードシリーズ」は、CPU4コア、メモリ8GB(最大32GB)で月額9720円からとコストパフォーマンスがよく、初めての物理サーバーに向いている。「パフォーマンスシリーズ」は拡張性が高いCPU6~12コア、メモリ16~32GB(最大256GB)で月額1万5120円から。信頼性と品質を追求した「エンタープライズシリーズ」はCPU4~20コア、メモリ16~32GB(最大384GB)で月額1万6200円から、となっている。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

さくらの専用サーバ
http://server.sakura.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス