パブリックDMP「AudienceSearch」と「Adobe Marketing Cloud」連携でコンサルサービス

IMJのMTL、4億のユーザー情報とサイト訪問ユーザーをひも付けて詳細にターゲティング
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援のアイ・エム・ジェイ(IMJ)のマーケティングサービスプロバイダー、Marketing & Technology Labs(MTL)は、DMP(データマネジメントプラットフォーム)事業のインティメート・マージャーのパブリックDMP「AudienceSearch」の提供を始めた、と8月5日発表した。それに伴い、AudienceSearchとアドビシステムズの統合デジタルマーケティングソリューション「Adobe Marketing Cloud」を連携させてコンサルティングサービスを実施し、顧客それぞれに最適なメッセージを届ける施策の実現を支援する。

パブリックDMPは、DMP事業者が独自に収集したデータを活用するデータマネジメントプラットフォーム。AudienceSearchはインティメート・マージャーが保有する約4億のユーザー情報と、自社サイトを訪問したユーザーがひも付けられ、管理画面上で分析することで訪問ユーザーの年齢、性別、居住地域、興味関心などが分かる。Adobe Marketing Cloudとの連携によってインティメート・マージャーのデータと自社データを合わせた詳細なターゲティングが可能になる。MTLは連携させたうえでコンサルティングサービスを提供する。

アイ・エム・ジェイ
http://www.imjp.co.jp/

Marketing & Technology Labs
http://www.mtlabs.jp/

インティメート・マージャー
http://corp.intimatemerger.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]