中国EC市場のビッグデータを活用したマーケットデータサービス「Nint for China」開始

アドウェイズが100%出資の中国法人を通じて日本企業向けに日本語レポートとして提供
よろしければこちらもご覧ください

アフィリエイトサービス運営、コンテンツ開発のアドウェイズは、100%出資する中国法人、愛徳威軟件開発(上海)=アドウェイズテクノロジー=を通じ、同国EC市場のビッグデータを活用したデータサービス「Nint for China」を始めた、と8月5日発表した。これまで中国国内企業向けに提供してきた中国EC市場のデータを日本企業を対象に日本語レポートとして提供する。

Nint for Chinaは、ジャンル(規模、トレンド)、ブランド(シェア、売り上げ)、価格(特定ジャンル、各ブランド)、属性(色・素材・サイズなど)、人気商品(特定ジャンル、各ブランド) の各分析をレポートする。アドウェイズテクノロジーは2009年10月に中国EC市場のマーケットデータの蓄積を始め、中国でEC事業を展開する2万1000社を超える企業にデータを提供してきた。

アドウェイズ
http://www.adways.net/

Nint for China
http://china.nint.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]