ネイティブアプリのアクセス解析・競合調査・改善運用サービス「Smart Hacking」開始

オプト、成果向上を目的にしたマーケティングパッケージ、ABテストを繰り返して最適化
よろしければこちらもご覧ください

eマーケティングのオプトは、ネイティブアプリのアクセス解析・競合調査・改善運用を集約したサービス「Smart Hacking」を始めた、と5月8日発表した。ネイティブアプリの成果向上を目的にしたマーケティングパッケージで、自社アプリのアクセス解析、他社アプリの分析、分析結果を基にしたABテスト(異なるパターンの比較試験)を提供する。ネイティブアプリは、専用ストアでダウンロードする「Android」「iOS」アプリを指す。

Smart Hackingは、アプリのアクセス解析に特化したアナリストが自社アプリに対し、「Googleアナリティクス」のアプリ解析機能を使って集客や利用促進、改善のための行動データを収集。サービスの成果向上につながる改善点を洗い出す。そのうえでユーザー数やユーザーの傾向データを取得して目標設定や仮設を構築してABテストを繰り返して運用改善を行い、アプリを最適化する。これによって広告主のアプリプロモーションを支援する。

オプト
http://www.opt.ne.jp/

Smart Hacking
http://www.opt.ne.jp/creative/smart-hacking/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]