大日本印刷が企業顧客の価値観を判別する「価値観クラスター判別APIサービス」開始

価値観クラスター判別機能のAPIを提供、企業は自社会員の価値観をとらえることが可能

大日本印刷(DNP)は、企業の顧客(生活者)の価値観を判別する「価値観クラスター(集まり)判別API(アプリケーションプログラミングインターフェース)サービス」を5月8日に始めた、と同日発表した。生活者や会員向け事業を行う企業を対象に、ネットワークを通じてDNPの価値観クラスター判別機能を利用するためのAPIを提供。企業は自社の顧客の価値観をとらえることができ、マーケティング活動の質を高められる。料金は初月が15万円、次月以降は10万円(いずれも税別)となる。

価値観クラスター判別APIサービスは、「DNP生活者情報活用支援サービス生活者DNA・商品DNA」と「DNPレシート読み取り家計簿アプリ レシーピ!」を連動させてデータの分析精度を高める。10設問34項目のアンケートに対する回答から生活者の価値観を判別する生活者DNAと、自社商品がどんな価値観を持つ生活者に購入されるかの「商品DNA」を特定。160万件以上ダウンロードされているレシーピ!ユーザーの「お買い物タイプ診断」データを反映して価値観クラスターを分類する。

大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]