日本オラクルの「Oracle BlueKai Audience Data Marketplace」がオムニバスとデータ連携

約200カテゴリの属性データとし好品データの活用が可能、データの基づく広告配信が可能
よろしければこちらもご覧ください

日本オラクルは、消費者の属性、購入履歴などの情報を集約する「Oracle BlueKai Audience Data Marketplace」を拡充する、と3月26日発表した。デジタル・マーケティング事業のオムニバスが提供する約200カテゴリの属性データとし好品データを連携。外部データを活用することでデータに基づいた的確な広告配信を可能にする。企業のマーケティング業務を支援するクラウド「Oracle Marketing Cloud」の1機能で、大規模データを一元管理・分析して投資効果を最大化する仕組み「Oracle Data Management Platform」導入すると利用できる。

Oracle Data Management Platformのユーザーは、管理画面で広範囲の外部データから選択し、見込み客のターゲティングや分析が可能になる。自社で収集したデータやパートナーと共有するデータを含む多様なデータを組み合わせて細分化し、効果的にターゲティングできる。購入・成約、申し込みなどをした重要顧客に似た属性を持つ見込み客を膨大なデータから探し出せる。Oracle Data Management Platformはグーグル、ツイッター、マイクロソフトなどとも連携していて、これらのプラットフォームがターゲティングや個別最適化に活用できる。

日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/

オムニバス
http://e-omnibus.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ポストインプレッション
広告の効果に関する用語の1つ。広告を見たことでそのあとのユーザーの行動が変わる効 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]