ソーシャルメディア上のデータと位置情報を連動させたO2O「Social Beacon」の提供開始

データセクションとアイリッジ、各顧客に適したクーポンなどを最適なタイミングで配信
よろしければこちらもご覧ください

リサーチ・ソリューション事業のデータセクションは、ソーシャルメディアを活用したO2O(オンラインツーオフライン)ソリューション「Social Beacon」の提供を始める、と3月16日発表した。システム開発のアイリッジと業務提携して実施する。データセクションのソーシャルメディア分析技術と、アイリッジの位置連動型O2Oソリューション「popinfo」を融合させた。各顧客に適したレコメンデーションやクーポンなどをより最適なタイミングで提供する。

ソーシャルメディア上のデータを分析し、購買行動、ライフスタイル、趣味趣向、健康状況など、顧客の特性に合った情報を顧客の位置情報と連動させる。例えば、「風邪をひいた」と投稿した顧客に向け、ドラッグストアの前を通りかかった際に栄養ドリンクや風邪薬の割引クーポンを配信して店舗への誘導を図る。「パソコンが壊れた」との投稿には家電量販店のクーポンや広告、終電直後に駅にいる層に対しては居酒屋やタクシーの広告などを配信する。

データセクション
http://www.datasection.co.jp/

アイリッジ
http://iridge.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]