サイバーエージェント、データフィードマネジメントの「CA DataFeed Manager」で、自動最適化機能を提供開始

サイト上の商品データの一元管理や、オペレーションに関する管理コストの削減が可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2014/10/4 11:20

インターネット広告のサイバーエージェントは、データフィードマネジメントサービス「CA DataFeed Manager」で、クリック数やアクション数などの計測データを基に配信先に対して最適なデータフィード(保有する自社製品をリスト化したデータ)を生成する「データフィード自動最適化機能」の提供を開始した、と10月2日発表した。CA DataFeed Managerを利用すればサイト上の商品データの一元管理や、オペレーションに関する管理コストの削減も可能となる。

今回提供を開始したデータフィード自動最適化機能は、サイバーエージェントの広告効果測定ツール「CAMP」と連携しており、企業が設定した条件とCAMPで計測したクリック数、アクション数などに基づき、各配信先に対して最適なデータフィードを自動生成でき、オペレーションに関する管理コストの削減や、広告効果の最大化を支援することができる。

サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

用語集
アクション / オペレーション / クリック / データ / データフィード / マネジメント / 最適化 / 管理コスト / 計測
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトイン
何らかの選択を望んですること。 広告メールを受け取ることなどを、ユーザーが ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]