DNP、生活者の姿を把握する「カスタマーフォーカスマーケティング」をバージョンアップ

「Twitter」連携機能を追加、アンケートを実施することなく価値観クラスター判別が可能
よろしければこちらもご覧ください

大日本印刷(DNP)は、生活者の姿を把握して企業のマーケティング活動を支援するサービス「カスタマーフォーカスマーケティング」をバージョンアップし、「Twitter」連携機能を加えた、と9月2日発表した。日本語、日本国内で書き込まれたTwitter全データの利用権を持つNTTデータとともに、アンケートを実施することなくTwitterのIDを使う会員の価値観クラスター(集団)の判別を可能にするロジックを開発した。会員10万人で初期導入費用150万円から、次回更新費は50万円から。

Twitterとの連携によって、全てのTwitterユーザーの価値観クラスターが判別できるようになった。例えばインターネット通販の会員に対し、TwitterのIDを基に価値観の判別が可能で、ソーシャルネットワーク上で反応しやすいクラスターの早期発見や、各クラスターの特長に応じた最適なプロモーション展開ができる。バージョンアップでは、これまで30種に分類していた価値観クラスターも刷新した。5つの基本クラスターと、各基本クラスターに属する21種の応用クラスターにした。

大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]