ニフティ、スーパーマーケットなどの小売事業者向けO2OアプリASPサービス「リテモバ」を提供開始

チラシ画像やテキスト形式表示の特売情報などを搭載した専用のアプリの提供が可能
よろしければこちらもご覧ください

インターネットサービスのニフティは、スーパーマーケットやドラッグストアなどの小売事業者向けO2OアプリASPサービス「リテモバ」を8月4日から提供開始する、と同日発表した。小売事業者は、リテモバのサービスを利用することで「チラシ画像」や「テキスト形式表示の特売情報」「特売情報と連動したレシピ情報」「位置情報と連動した電子スクラッチ機能」などを搭載した専用のアプリを提供することができる。

リテモバの運用は、PCやスマートフォン、タブレットに対応した管理画面から行うことができる。コンテンツの更新やプッシュ通知の配信、「アプリのダウンロード数」「アプリの閲覧数」「各店舗のお気に入り登録数」などの情報も閲覧可能。利用者の動向を確認しながら運用することができる。iOSとAndroidOSに対応し、初期料金は100万円。月額料金は20万円から。最低利用期間は1年間となっている。

ニフティ
http://www.nifty.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

属性型・地域型JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。正式には「属性 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]