さくらインターネット、ビッグデータ分析のABEJAと資本・業務提携契約し事業規模拡大へ

さくらインターネットとABEJAは広報・技術・経営支援を通じ、ともに規模拡大を目指す
よろしければこちらもご覧ください

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、画像解析によるビッグデータ分析等を行うABEJAの第三者割当増資を引き受けるとともに業務提携契約を締結した、と7月11日発表した。ABEJAは、画像解析、コンピュータビジョン、機械学習のテクノロジー研究開発を行い、ビッグデータ分析やO2Oの事業開発を行っている。さくらインターネットはABEJAの広報・技術・経営支援を通じ、ともに規模拡大を目指す。

さくらインターネットは大阪、京都、北海道に計5つのデータセンターを所有し、データセンターサービスを提供している。マーケティングにおけるビッグデータ分析は、さくらインターネットの成長機会となる領域として注目しており、ABEJAと資本関係を持つことによりABEJAの成長を支援する。さくらインターネットはABEJAへの支援を機にこれまで以上にベンチャー企業の成長をサポートしていく。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

ABEJA
http://www.abeja.asia/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]