ヤフー、ジャパンネット銀行への出資比率を引き上げ、46.16%で持ち分法適用会社に

三井住友銀行と並んで筆頭株主、「Yahoo! JAPAN」のIDと連携した決済サービスを提供
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは、インターネット専業銀行のジャパンネット銀行への出資比率を引き上げる、と4月1日発表した。株式保有割合を12.18%から4月30日付で41.16%に増やし、持ち分法適用関連会社にする。ジャパンネット銀行の現在の筆頭株主は61.44%の三井住友銀行だが、41.16%に下がり、ヤフーと三井住友銀行が並んで筆頭株主となる。

ヤフーはこれを機に、ジャパンネット銀行、三井住友銀行との関係を強化し、ジャパンネット銀行の決済の枠組みを活用して「Yahoo! JAPAN」のIDと連携した安全性・利便性の高い決済・金融サービスを提供する。3社は2006年6月に業務提携してブランド、顧客基盤、ノウハウ、経験を活用しながら新商品・サービスを共同で開発してきた。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

ジャパンネット銀行
http://www.japannetbank.co.jp/

三井住友銀行
http://www.smbc.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]