アイレップ、ウェブページの効果を比較するA/BテストによるCVR向上支援サービス開始

CVR改善が可能になるプラットフォーム「planBCD」を活用、手間を掛けずに容易に可能
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティングのアイレップは、2つの異なるパターンのウェブページを用意し、ユーザーの利用で効果を比較するA/BテストによるCVR(コンバージョン率)向上支援サービスを4月1日に始めた、と4月3日発表した。A/Bテストに基づくCVR改善が可能になるプラットフォーム「planBCD」を活用する。

planBCDは、「JavaScript」コードをウェブサイトに1行埋め込むだけでA/Bテストが簡単に実施でき、ウェブサービスのユーザーインターフェース改善が可能になる。アイレップのCVR向上支援サービスは、同社が蓄積してきたCVR向上のための知見を生かしたA/Bテストが手間を掛けずに容易に素早くできる。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]