アイレップ、ウェブページの効果を比較するA/BテストによるCVR向上支援サービス開始

CVR改善が可能になるプラットフォーム「planBCD」を活用、手間を掛けずに容易に可能

デジタルマーケティングのアイレップは、2つの異なるパターンのウェブページを用意し、ユーザーの利用で効果を比較するA/BテストによるCVR(コンバージョン率)向上支援サービスを4月1日に始めた、と4月3日発表した。A/Bテストに基づくCVR改善が可能になるプラットフォーム「planBCD」を活用する。

planBCDは、「JavaScript」コードをウェブサイトに1行埋め込むだけでA/Bテストが簡単に実施でき、ウェブサービスのユーザーインターフェース改善が可能になる。アイレップのCVR向上支援サービスは、同社が蓄積してきたCVR向上のための知見を生かしたA/Bテストが手間を掛けずに容易に素早くできる。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]