アイレップSEM総合研究所、2013年のSEM業界10大ニュース発表、新プラットフォ-ムが登場

スマートフォン・タブレット向け広告関連新機能・サービスが続々、Googleの検索暗号化も
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティング(SEM)のアイレップのR&D(研究・開発)部門、アイレップSEM総合研究所は、2013年のSEM業界10大ニュースを12月18日発表した。Googleの「エンハンストキャンペーン」、Yahoo! JAPANの「ユニファイドキャンペーン」といった新プラットフォームの登場や、スマートフォン・タブレット向けの広告関連新機能やサービスが次々に現れたしたことが、大きなニュースとして挙げられた。

ほかに、Googleによる全ユーザーの検索の暗号化や、Yahoo! JAPANとまとめサイト「NAVERまとめ」の提携、米Microsoftの「Windows 8.1」発売に合わせた「Bing」刷新、Google、Yahoo! JAPAN以外の検索サービスの撤退、縮小などが選ばれた。SEMは2013年もデジタルマーケティングで多くの話題を集め、企業の広告・マーケティング担当者は動向に目が離せなかったという。SEM業界の10大ニュースは次の通り。

・Google「エンハンストキャンペーン」、Yahoo! JAPAN「ユニファイドキャンペーン」が登場
・スマートフォンを意識した広告関連新機能やサービスが続々登場
・Google、全てのユーザーに検索のSSL暗号化を適用
・Yahoo!検索、NAVERまとめ枠を検索結果内に新設
・口語調の検索クエリにも対応-Google、ハミングバード導入
・Google、"グレーゾーン"だった外部リンク施策に相次ぎ「違反」通知
・Google、技術的な不備を抱えるスマートフォン対応サイトの順位下降を発表
・米Microsoft、Windows 8.1発売にあわせてBingを刷新
・Firefoxも3rdパーティーCookieが禁止へ-Cookieを使わない新技術に注目
・「検索2強」にチャレンジしたプレーヤーが相次ぎ事業撤退・縮小

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

2013年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース
http://www.irep.co.jp/sem10/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]