ビジネスサーチテクノロジ、図解と数値で顧客の態度変容を可視化するサービスを提供開始

サイトのコンセプトをユーザーと運営側双方の視点で図解し、顧客の経験価値を視覚化
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジン開発・販売のビジネスサーチテクノロジは、同社社外CAO(Chief Analytics Officer)の清水誠氏と共同で、図解と数値で顧客の態度変容を可視化する「コンセプトダイアグラム解析サービス」を開発し、11月26日に提供を開始する、と同日発表した。コンセプトダイアグラムはサイトのコンセプトをユーザーと運営側双方の視点で図解し、顧客の経験価値を視覚化する手法。情報アーキテクチャ(IA)の設計手法を基に清水氏がWeb解析用にアレンジした。

コンセプトダイアグラム解析サービスにより、ビジネスの全体像を俯瞰しながらサイトの目的と位置付けを明確化することで、ページビューやセッション、直帰などの汎用的な指標ではなく、顧客の行動や態度変容を効果的に把握できるようになる。GoogleのSSL化により流入キーワードが取得できなくなっているため、ユーザーの訪問意図や目的を知るためサイト内検索キーワードを活用する動きが活発化している。入力キーワードは自然文のため、従来のWeb解析のデータ分析のように定量的に扱うのが難しい。課題解決のため、コンセプトダイアグラムの手法とサイト内検索解析を組み合わせたコンセプトダイアグラム解析サービスの開発、提供することになった。

ビジネスサーチテクノロジ
http://www.bsearchtech.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]