KDDIウェブコミュニケーションズ、「CPI専用サーバー」のプランをリニューアルし、9月26日から提供

2つのプランにリニューアル。有償提供していた、データのバックアップサービスを標準提供
よろしければこちらもご覧ください

ホスティング事業のKDDIウェブコミュニケーションズは、同社ホスティングブランド「CPI」の専用サーバープランをリニューアルし、9月26日から提供する。

リニューアル後のCPI専用サーバーは、root権限を顧客から預かり、サーバー運用をすべてKDDIウェブコミュニケーションズで行う「マネージドプラン」と、物理専用サーバーと仮想専用サーバーの複数台構成も可能な、root権限付きの「ハイブリッドプラン」の2つのプランからなる。

2つのプランでは、これまで有償で提供していた、データのバックアップサービスを標準機能として無償で提供する。

マネージドプランでは、バックアップ用領域を標準搭載し、KDDIウェブウェブコミュニケーションズがデータのバックアップを定期的に行う。一方、ハイブリッドプランにおいても、バックアップ用領域を標準搭載し、自由にバックアップが行える。さらに、OSやソフトウェアのセキュリティアップデート、サービスプロセスやリソースの監視などを行う、サーバー運用代行もオプションとして提供する。

マネージドプラン、ハイブリッドプランともに、ディスク容量などの違いによって料金タイプが3つに分けられている。

マネージドプランの初期費用は9万6,600円から、月額費用は2万8,350円からとなる。
ハイブリッドプランは、物理専用サーバーと仮想専用サーバーで料金が異なり、物理専用サーバーの初期費用は9万6,600円から、月額費用は1万9,530円から。仮想専用サーバーの初期費用は無料、月額費用は9,450円からとなる。

CPI専用サーバー
http://www.cpi.ad.jp/private/teaser/

KDDIウェブコミュニケーションズ
http://www.kddi-webcommunications.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]