ミクシィ、広告主・広告会社向けオンライン広告取引プラットフォーム「Vantage」を提供

新規事業として実施、同社が運営するSNS「mixi」ユーザー属性や趣味などのデータを活用

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のミクシィは、新規事業として、広告主・広告会社向けオンライン広告取引プラットフォーム(DSP=デマンドサイドプラットフォーム)「Vantage(ヴァンテージ)」 を、春からスマートフォンで提供する、と3月14日発表した。同社が運営するSNS「mixi」のユーザー属性や趣味などのデータを活用して外部サイトでターゲティングが可能になり、複数メディアに広告が配信できる。

ヴァンテージは、オンライン広告で広告主の広告効果の最大化を支援するツールとなり、ターゲティングのほか、1インプレッション(広告表示)ごとにユーザー情報や掲載面を考慮して入札を自動的に判断するRTB(リアルタイムビッディング)入札機能がある。広告主のプロモーションごとに適した掲載先メディア(媒体)に対し、最適な配信を自動分析・自動学習。訴求するユーザーへ広告を配信して効果の最大化を図る。

ミクシィ
http://mixi.co.jp/

Vantage
http://vntg.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]