博報堂、スマートフォンを広告にかざすと情報を提供する「広告+」のサービスを開始

「iPhone」アプリを無料配信、出稿中の広告を画像認識させて指定コンテンツを自動表示

博報堂は、スマートフォンを広告にかざすと、詳細情報やサービスコンテンツをスマートフォンに提供する新しい広告体験プラットフォーム「広告+(コウコクプラス)」のサービスを2月18日に始める、と2月12日発表した。無料配信する「iPhone」向けアプリを使ってテレビCM、新聞・雑誌の広告、野外看板、ポスター、パッケージなどを画像として認識させ、広告主が指定するコンテンツを自動的に表示。便利な情報や特典などを提供できる。

広告主は詳細なサービス情報を発信する機会ができ、ユーザーは楽しみながら深い情報が取得できる仕組みとなる。音声を除く広告が対象で、NECの最新の画像認識技術を活用した。掲出中の広告スタイルを変えたり、QRコードや特別な画像を加えることなく、現在出稿中の広告の情報を「広告+」に登録すれば利用できる。GPS機能との組み合わせで同一広告でも、ユーザーが広告に接触した時期や場所に応じて最適なコンテンツが提供可能になる。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]