コムニコとスケダチ、ソーシャルメディア利用者を対象とした新会社「マーケティングエンジン」設立

ソーシャルメディアで情報を探す人に歩み寄ってもらうインバウンドマーケティングを推進
よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルメディアプロモーション事業のコムニコと企画広告とビジネス開発コンサルティングのスケダチは、ソーシャルメディア利用者を対象としたマーケティング手法「インバウンドマーケティング」を行う新会社「マーケティングエンジン」を設立し、9月19日より営業を開始した、と同日発表した。インバウンドマーケティングは、広告やダイレクトメールなどの「アウトバウンド」手法に対し、検索やソーシャルメディアによって情報を探す人々に歩み寄ってもらう「インバウンド」という考え方に基づいたマーケティング。コムニコとスケダチが共同事業としてマーケティング・エージェンシーを設立し、インバウンドマーケティングを推進することにした。

マーケティングエンジンの主な事業は「企業のインバウンドマーケティング戦略の企画立案」「企業のインバウンドマーケティングの運用支援」「インバウンドマーケティングに関する各種ソフトウェアの提供」「インバウンドマーケティングに関するセミナー/イベントの実施」など。必要であれば運用とコンテンツの企画制作までを行う。ソフトウェアでは手始めに、インバウンドマーケティングの提唱企業である米HubSpotの統合ソフトウェアを販売するほか、インバウンドマーケティングという新しいマーケティングの概念や手法の普及と発展のため、セミナーや講演、トレーニングなども積極的に行っていくという。

マーケティングエンジン
http://mktgengine.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]