博報堂、ソーシャルメディア情報を活用したマーケティングソリューション開発体制構築

データセクションと資本・業務提携、表現・行動した記録を分析する「Serif」を開発
よろしければこちらもご覧ください

広告大手の博報堂は、ソーシャルメディア分析・コンサルティングのデータセクションと資本・業務提携し、ソーシャルメディア情報を活用したマーケティングソリューションを共同開発する体制を構築した、と7月12日発表した。クライアント企業のマーケティング活動支援の強化が狙いとなり、まず「Serif(セリフ)」と名付けたソリューション開発する。

セリフは、商品やブランドに関してソーシャルメディア上で生活者が自然に表現・行動した記録を分析し、従来の調査では発見が難しかった意識や行動を把握。各企業のニーズに合わせて分析リポートを作成する。博報堂の各企業担当者が関わって実効性を高める。両社は、ソーシャルメディア情報の特徴と最新の解析技術を活用して各種のソリューション開発を進める。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

データセクション
http://www.datasection.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コミッション
手数料や歩合を意味する語句。 広告代理店やアフィリエイト事業者は、広告主が ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]