内田洋行とサイトコア、共同で住民サービス向上を支援するCMS「ActiveCMS AD」を提供開始

Webコンテンツ管理システム「Sitecore CMS」を基盤に、自治体向けCMSを開発
よろしければこちらもご覧ください

オフィス・教育・情報関連事業の内田洋行とCMSのサイトコアは、自治体向けWebサイト構築ソリューション分野で業務提携し、住民サービスの向上を支援する自治体向けコンテンツ管理システム(CMS)「ActiveCMS AD」を開発、6月7日提供を開始する、と同日発表した。ActiveCMS ADはサイトコアのWebコンテンツ管理システム「Sitecore CMS」を基盤に、内田洋行と共同で開発した。

ActiveCMS ADは、「パーソナライゼーション」機能により、サイト訪問者の属性に応じて表示コンテンツが変化する。また、「マルチデバイス/マルチユース/マルチ言語」によりPC、携帯電話、スマートフォンなどアクセス方法に応じてWebサイトのレイアウトを自動的に最適化し、多言語にも対応。各種のソーシャルメディアと連携するため、住民の好みを通じて地域情報の拡散が可能なほか、住民からの投稿情報をダイレクトに地図情報に付与する「住民と共創するコンテンツ」機能も備えている。

内田洋行
http://www.uchida.co.jp/

サイトコア
http://www.sitecore.net/japan/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]