シンクエージェントとゼンリンデータコム、位置情報を活用したレポートサービスを共同開発

サービス第一弾として主要な商業施設、駅を対象とした定型レポートを販売開始

ネットビジネスコンサルティングのシンクエージェントと地図サービスのゼンリンデータコムは、共同で位置情報サービスを活用したレポートサービスを開発し、サービスの第一弾として主要な商業施設、駅を対象とした定型レポートサービスを6月7日から販売する、と同日発表した。位置情報はゼンリンデータコムが利用者の許諾を得て取得。個人の特定ができないように統計処理を行った「混雑統計」データを使用する。

レポートサービスは、ゼンリンデータコムによる位置情報解析データとシンクエージェントの小売・流通業に対する知見を活用し、商業施設や駅の滞在者数や流入元などの傾向をレポートとして提供する。当初は新宿、銀座、池袋、台場の百貨店と、山手線、中央線、東急線、京浜東北線の駅が対象施設となる。今後は小売業の自社店舗や競合店舗などの特定店舗を指定してレポートする「標準オーダー型レポート」や「カスタム・オーダー型レポート」を追加提供する予定。

シンクエージェント
http://www.think-agent.co.jp/

ゼンリンデータコム
http://www.zenrin-datacom.net/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]