クラスメソッド、スマートフォン用サイトを従来の携帯電話向けに変換する「Phox」開始

二重の管理・運営を解消、「Amazon Web Service」でアクセスの瞬間的な増加にも対応

アプリケーション開発のクラスメソッドは、スマートフォン用に制作したウェブサイトを従来の携帯電話(フィーチャーフォン)向けに変換するサービス「Phox」を始めた、と5月30日発表した。アマゾンの「Amazon Web Service」のクラウドで展開する。自社の技術に、モバイルソリューションのシンメトリックが提供するコンテンツ変換エンジン「ラウンドアバウト」を組み合わせた。

スマートフォンの基準で構築したコンテンツをフィーチャーフォン用に変換し、配信可能にすることで、二重の管理・運営を解消。サイト構築や保守・運用のコストが削減できる。インフラにAmazon Web Servicesを採用したため、アクセスが瞬間的に増えても問題がない。ラウンドアバウトは、国内で発売される新しいスマートフォンやフィーチャーフォンに3営業日以内で対応する。月額1万500円から。

クラスメソッド
http://classmethod.jp/

Phox
http://classmethod.jp/service/phox/

シンメトリック
http://www.symmetric.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]