電通と電通マーケティングインサイト、データ統合分析サービス「リスニングプラス」を開発

従来は把握できなかった商品やサービスの現状を把握してマーケティング活動を支援
よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルメディアのソリューション開発を手掛ける電通の社内横断組織「電通ソーシャルメディアラボ」と電通グループで市場調査やマーケティング支援を行う電通マーケティングインサイトは、企業の保有する売上データ、広告出稿量、定量調査データなどの各種データとソーシャルメディア上の生活者の声の分析データを組み合わせてデータ統合分析を行うサービス「リスニングプラス」を開発した、と3月19日発表した。商品やサービスの現状は、既存のデータやソーシャルメディアのデータだけでは把握できなかった。リスニングプラスはこれらを把握し、マーケティング活動をサポートする。

リスニングプラスは、企業が保有する各種データを整理し、「Facebook」や「Twitter」、ブログなどのソーシャルメディアの声を収集する「ソーシャルリスニング」のデータを踏まえて調査やデータ分析の設計を行う。分析例としては、売上シェアに対し、ソーシャルメディア上の書き込み量がどの程度かを算出し、ソーシャルメディアの与える影響度を定量的に把握する「ソーシャル・セールス・インデックス」や、競合商品への乗り換え(ブランドスイッチ)が起きている要因をソーシャルメディアの書き込みを用いて分析し、競合に対する戦略を発見する「ブランドスイッチ要因分析」などがある。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

電通マーケティングインサイト
http://www.dentsu-mi.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CPC
クリック単価。インターネット広告において、広告を見たユーザーが1クリックするたび ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]