インモビ、モバイル利用に関する調査で、モバイルの利用時間がテレビの利用時間を上回る

モバイルユーザーのメディア利用時間の27%がモバイル、テレビの視聴時間は22%
よろしければこちらもご覧ください

モバイル広告のインモビは、日本を含む世界18の市場においてスマートフォンやフィーチャーフォンのモバイルに関する調査を実施。2月29日、同社日本法人のインモビ ジャパンが調査結果を発表した。テレビ、ラジオ、PC、モバイル端末などメディア別の利用時間について、モバイルユーザーのメディア利用時間のうち、27%がモバイルを利用していた。テレビの視聴時間は22%で、モバイルの利用時間がテレビの利用時間を上回っていた。PCの利用時間は32%だった。日本のユーザーに限定すると、モバイルの利用時間は33%、テレビは24%、PCが31%だった。調査は2011年9月から11月にかけて日本を含む世界18の市場において回答者を募集し、モバイルWebプラットフォームを利用して実施。有効回答数は2万だった。

モバイルコマースに関する質問では、モバイルユーザーの53%がモバイル端末を利用した電子商取引を行ったことがある、と答えた。76%は2012年中にモバイルコマース活動を行いたいと考えていた。モバイル広告についての質問では、モバイルユーサーの66%がテレビやオンライン広告と同様にモバイル広告に安心感を持っていると考え、42%がモバイル広告によって新しい情報を得た経験があると回答した。また、回答者の23%がモバイル広告によって時間とお金を節約できるとし、14%はモバイル広告の影響で商品を購入したと答えた。

インモビ・ジャパン
http://inmobi.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]