JPRS、中高生によるWeb教材開発コンテスト「第14回ThinkQuest JAPAN」に協賛

207チームの作品に411の汎用JPドメイン名を提供し、優秀作品にJPRS特別賞を授賞
岩佐 義人(Web担 編集部) 2012/3/7 21:57

ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)運用の日本レジストリサービス(JPRS)は、中学・高校生によるWeb教材開発コンテスト「第14回ThinkQuest JAPAN(シンククエスト・ジャパン)」に協賛し、JPドメイン名の登録を希望した207チームの作品に411の汎用JPドメイン名を提供。優秀作品にJPRS特別賞「ベストドメインネーミング賞」を授賞した、と3月5日発表した。

ThinkQuest JAPANは1998年に開始したインターネットを活用した中学・高校生によるWeb教材開発コンテストで、JPRSは2001年度よりインターネット教育支援の観点から協賛し、ドメイン名やインターネットについての理解を深めるため、応募作品にはJPドメイン名を提供して優秀作品にはJPRS特別賞の授賞を行っている。2001年度からの12年間でJPRSが提供した汎用JPドメイン数は773チーム、1541ドメインにのぼる。

日本レジストリサービス
http://jprs.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

GTA
(1)グラウンデッド・セオリー・アプローチ(Grounded Theory Ap ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]