NECと博報堂DY、金融機関のデジタルサイネージを利用した広告配信の事前運用開始

金利表示などに使用される金融機関店舗のデジタルサイネージを有効に活用
よろしければこちらもご覧ください

NECと博報堂DYメディアパートナーズは、金融機関が所有するデジタルサイネージ(電子看板)を利用した新しい広告配信サービスの商用サービスに向け、事前運用(ビジネストライアル)を11月に始めた、と12月8日発表した。NECが金融機関とともに2010年11月に立ち上げた組織、金融デジタルサイネージ活用研究会での検討結果を踏まえて実施。金利表示などに使用される金融機関店舗のデジタルサイネージを有効に活用する。

NECは、デジタルサイネージの配信システム、表示機器の提供、ネットワーク構築や、視認効果測定サービスなどトータルでソリューションを提供するとともに、広告配信システムを運用。博報堂DYメディアパートナーズが広告枠の販売、広告内容の審査、広告配信料の請求・回収を行う。2012年3月末まで一部の金融機関の店舗で事前運用。媒体としての価値や運用手順を検証した後、2012年度に商用サービスに移行する。

NEC
http://www.nec.co.jp/

博報堂DYメディアパートナーズ
http://www.hakuhodody-media.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]