RIAコンソーシアム、ユーザービリティガイドラインの業務システム編を公開

開発の全体像から目的、プロトタイプ制作時などでのユーザビリティを考察
よろしければこちらもご覧ください

RIA(リッチインターネットアプリケーション)の普及を推進する業界団体、RIAコンソーシアムは、ユーザービリティガイドラインを公開した、と9月22日発表した。内部のワーキンググループが中心にまとめたガイドラインの業務システム編を外部向けに編集した。PDFに加え、e-pub形式のファイルも用意し、ダウンロードできるようにした。

業務システム開発に必要なポイントを約80ページにまとめた。RIAを開発するプロセスの全体像から要件定義のプロセス、目的、プロトタイプ制作時などでのユーザビリティを考察した。実務者にとって有益な参考資料になるという。RIAコンソーシアムは2003年末に設立し、現在の会員は25社。会社として正会員の手続きできない層のため、個人名で年間登録できる制度も始める。

RIAコンソーシアム
http://www.riac.jp/

ユーザービリティガイドラインの業務システム編(PDF)
http://www.ria-jp.org/download/WG/RIAC-WG_UsabilityGuide.pdf

ユーザービリティガイドラインの業務システム編(ePub)
http://www.ria-jp.org/download/WG/RIAC-WG_UsabilityGuide.epub

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オプトイン
何らかの選択を望んですること。 広告メールを受け取ることなどを、ユーザーが ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]