さくらインターネット、共用ホスティング「さくらのレンタルサーバ」のデータベース機能を強化

ポイントはデータベース作成数、データベースサーバーのスペック、ストレージエンジン追加の3点
岩佐 義人(Web担 編集部) 2011/9/23 2:43

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、提供する共用ホスティングサービス「さくらのレンタルサーバ」のデータベース機能の強化を9月28日に実施する、と9月21日発表した。強化のポイントはデータベース作成数の増加とデータベースサーバーのスペック増強、新たなストレージエンジンの追加の3項目となる。

機能の強化により従来、上位プランでも最大3個だったデータベース作成数は最大200個まで作成可能になった。データベースサーバーのスペック増強で、パフォーマンスは5倍以上に向上し、処理速度の高速化を実現した。また、データベースシステム「MySQL」のストレージエンジンは、シンプルな「MyISAM」だけでなくトランザクション(複数の処理を1つにまとめる処理)に対応した「InnoDB」も利用できるようにした。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]