アイレップ、リスティング広告の自動入札管理ツール「Efficient Frontier」の販売開始

米マーケティング会社が提供、先進的なアルゴリズムと高精度の予測モデルを搭載

検索エンジンマーケティングのアイレップは、米国のマーケティング会社、Efficient Frontier(エフィシエントフロンティア)が提供するリスティング広告の自動入札管理ツール「Efficient Frontier」の販売を始める、と5月30日発表した。先進的なアルゴリズムと高精度の予測モデルを搭載し、広告主の予算や目的に合わせて目標のクリック単価(CPC)や顧客獲得単価(CPA)を改善する。

コストや成果の変動を高い精度で予測して、リスティング広告キャンペーンの全体最適化の視点から入札を最適化。複数の媒体を一括で管理し、全体の予算から各媒体の成果状況に応じて自動的に最適な予算配分を行い、キャンペーンの費用対効果(ROI)を最大にする。世界で250以上の顧客が利用し、取り扱い額100億ドル(約8200億円)以上の利用実績があるという。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]