博報堂DY、スマートフォンによる行動変化調査でネットに触れる場所と時間が拡大

GPS機能の活用が増えSNSの利用が進むなど、購入後の新たな行動特徴が明らかに

博報堂、大広、読売広告などを傘下に持つ博報堂DYホールディングスは、グループ横断型組織、「博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター」が実施したスマートフォンの購入によるユーザー行動変化調査の結果を5月19日発表した。購入後、インターネットに触れる時間と場所が拡大し、GPS機能の活用が増え、SNSの利用が進むなどの特徴が明らかになった。調査は2月15~17日に全国の高校生から69歳の男女スマートフォンユーザー500人を対象にインターネットで実施した。

「そう思う」と「ややそう思う」を合わせたデータで、スマートフォンを使い始めたことで変化した意識や行動について、「屋外でインターネットを見る頻度が増えた」が88.2%あり、「インターネットに接触している時間が増えた」84.9%、「わからないことや気になることがあったらすぐに検索するようになった」82.2%と続いていた。屋外でネットを見たり、積極的に検索するなど、新たな行動習慣が生まれていた。

GPS機能に関しては「利用することが増えた」が同様のデータで64.6%、「屋外で検索しながら行動を決めることが多くなった」が62.0%となり、「無料のナビゲーションアプリをダウンロードした」も60.6%あり、スマートフォンとGPSの相性の良さがうかがえた。さらに「SNSに接触する回数が増えた」40.4%、「SNSに投稿する回数が増えた」が30.5%あり、サイトや画像のシェアが増えたとする層も3割以上で、やり取りする情報に変化があった。

博報堂DYホールディングス
http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フラッシュモブ
不特定多数の人が1つの場所に集まり、何らかの共通の行動を一斉にすること。多くの場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]