博報堂、企業のマーケティングの投資配分を最適化して効果を高めるサービス開始

米国の戦略コンサルティングのツールを日本企業向けに改良して提供
よろしければこちらもご覧ください

博報堂は、企業の売り上げと利益を最大にするためにマーケティングの投資の配分を最適化し、効果と効率を高める戦略を支援するサービスを本格的に始める、と5月19日発表した。米国の戦略コンサルティング会社、マーケットシェアと2010年10月に結んだ業務提携に基づいて展開。同社のサービスを日本仕様に改良して日本企業向けに提供する。

マーケットシェアが開発したコンサルティングサービス「MarketShare Opitimizer」によって投資効果を「見える化」するほか、同社の広告メディア配分最適化ツール「H-COMPASS」を日本仕様に改良して博報堂の広告プランニングツールに加え、広告メディア戦略の提案を強化。広告主の費用対効果の向上を図る。H-COMPASSには、博報堂が蓄積してきた日本市場のデータを組み込み、各種の媒体に対応している。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドロップシッピング
商品の在庫や仕入れなしに消費者から注文を受け、メーカーやドロップシッピング専門事 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]