電通、ソーシャルメディア上の声を収集・分析するソリューション「Sora-lis」を開発

商品開発、ブランド診断、キャンペーン効果測定、リスク要因の早期察知が可能に
よろしければこちらもご覧ください

電通は、ソーシャルメディア上のユーザーの声を集め、マーケティングに役立てるソリューション「Sora-lis」を開発した、と4月18日発表した。ソーシャルメディア上に流れる多くの発言から有効なデータを企業の課題に合わせて抽出し、分析。商品開発やブランド診断、キャンペーン効果測定、リスクとなる要因の早期察知などが可能となる。

Sora-lisは、「話題量やインパクトに関するデータ」「生活者の意見や価値判断に関するデータ」「商品開発・プランニングにとって重要な発見が得られるデータ」など、目的に合わせてソーシャルメディア上の生の声を取り込み、分析して指標化。指標化したデータを既存のマーケティングリサーチや販売データなどと組み合わせ、マーケティングの課題を解決するソリューションを提供するという。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]