アイレップ、キーワード順位を報告する「海外検索エンジンランキングレポート」開始

中国、韓国、米国などの主要検索エンジンを対象に海外展開する企業向けに提供
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティング(SEM)事業のアイレップは、海外の主要な検索エンジンでの注力キーワードの順位を報告する「海外検索エンジンランキングレポート」を始めた、と12月10日発表した。企業が指定するキーワードに関して海外で閲覧した際の表示順位を報告する。対象国・地域は、中国、台湾、香港、韓国、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア、インドネシア、インド、米国。

海外展開を進める企業が増える中、日本からは該当する国・地域の検索エンジンでのキーワード順位が取得できないケースが多いことから、サービスを実施することにした。注力キーワードの順位把握は、企業サイトのSEO(検索エンジン最適化)やリスティング広告戦略を策定する際に有効だという。2カ国・地域で16万3800円から。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]