ヤフー、開発パートナー向けにウェブアプリと地域・生活圏情報のプラットフォーム公開

オープン構想の一環、「Yahoo!アプリ」「YOLPカセットギャラリー」の活用が可能
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは、パートナー企業や開発パートナー向けのプラットフォーム事業を拡大し、ウェブアプリケーションが告知・販売できる「Yahoo!アプリケーションプラットフォーム(YAP)」と、地域・生活圏の情報を集約して流通させる「Yahoo!オープンローカルプラットフォーム(YOLP)」を11月25日公開した、と同日発表した。ヤフーが掲げるプラットフォームのオープン構想の一環。

YAPを利用することで、「Yahoo! JAPAN」で同日サービスを始めたアプリ提供サービス「Yahoo!アプリ」に自社のウェブアプリを掲載でき、課金・広告も可能になる。現在は特定のパートナー企業だけが対象だが、来春には誰でもウェブアプリが掲載できるようになる。YOLPでは、店舗、イベント、クチコミなど地域・生活圏情報がやり取りできるサービス「YOLPカセットギャラリー」と、地域・生活圏情報をサイトに実装して活用するためのAPIを公開した。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo!アプリ
http://apps.yahoo.co.jp/

YOLPカセットギャラリー
http://gallery.olp.yahoo.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]