ヴィビットインタラクティヴ、マルチライセンスプランの「vibit CMS X」を販売開始

1パッケージに5~10サイト分のライセンスを含み導入コストを抑制

CMS開発・販売のヴィビットインタラクティヴは、同社のCMS「vibit CMS(ヴィビット・シーエムエス)」で、複数サイトを運営する企業を対象にマルチライセンスプランの「vibit CMS X」シリーズを10月22日販売開始する、と10月14日発表した。1つのパッケージに5~10サイト分のライセンスを含み、ライセンスごとのCMS購入と比べ、導入コストを最大3分の1に抑制する。

同時に、従来シングルユーザーのみが対象だったライトプランを5ユーザーまで拡張。さらに、機能を限定した低価格のASP版「vibit CMS LE」をホスティングサービスのKDDIウェブコミュニケーションズの共用サーバーオプションとして10月4日に提供を始めた。vibit CMSは、実際のブラウザ画面を見たままにページの更新ができる新しいタイプのCMS。

ヴィビットインタラクティヴ
http://www.vibit.net/

vibit CMS
http://www.vibitcms.com/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]