ヴィビットインタラクティヴ、マルチライセンスプランの「vibit CMS X」を販売開始

1パッケージに5~10サイト分のライセンスを含み導入コストを抑制
よろしければこちらもご覧ください

CMS開発・販売のヴィビットインタラクティヴは、同社のCMS「vibit CMS(ヴィビット・シーエムエス)」で、複数サイトを運営する企業を対象にマルチライセンスプランの「vibit CMS X」シリーズを10月22日販売開始する、と10月14日発表した。1つのパッケージに5~10サイト分のライセンスを含み、ライセンスごとのCMS購入と比べ、導入コストを最大3分の1に抑制する。

同時に、従来シングルユーザーのみが対象だったライトプランを5ユーザーまで拡張。さらに、機能を限定した低価格のASP版「vibit CMS LE」をホスティングサービスのKDDIウェブコミュニケーションズの共用サーバーオプションとして10月4日に提供を始めた。vibit CMSは、実際のブラウザ画面を見たままにページの更新ができる新しいタイプのCMS。

ヴィビットインタラクティヴ
http://www.vibit.net/

vibit CMS
http://www.vibitcms.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス