さくらインターネット、仮想専用サーバー「さくらのVPS」で5種のOSから選択可能に

「カスタムOSインストール」機能として提供、標準の「CentOS」に「Ubuntu」など追加
よろしければこちらもご覧ください

データセンター事業のさくらインターネットは、同社の仮想専用サーバーサービス「さくらのVPS」で、ユーザーがOSを5種・10バージョンから選択して自由にインストールできる「カスタムOSインストール」機能を10月8日提供開始した、と同日発表した。現在提供中している標準OSの「CentOS」の64bit版に、同32bit版と、「Ubuntu」「FreeBSD」「Debian」「Fedora」の各32、64bit版を追加した。

ユーザーは、OS再インストール画面から好みのOSを導入。標準OSはブラウザ上で再インストールするが、それ以外は、一般的なOSインストールとほぼ同等の手順で作業が進行するため、パーティションの指定ができるほか、標準OSよりも自由なインストール構成が可能になる。さくらのVPSは、専用サーバーの自由度と共用サーバーの低価格に仮想化機能を合わせたサービス。9月1日に提供を始めている。初期費用がなく、月額980円。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]